写真集・資料

12件の商品がございます。

原爆被爆記録写真集

販売価格(税込): 1,000
会員価格(税込):
900 円
1945年8月9日、一発の原子爆弾によって壊滅的な打撃を受けた長崎の街・・・。
当時撮影された写真と共に原爆の被害状況などを日本語と英語で記載しています。
数量:

あの日、広島と長崎で(写真物語)

販売価格(税込): 2,376
当時西部軍報道官だった山端庸介氏が、被爆翌日に撮影した長崎の被災写真を中心に、広島と長崎の原爆被災を記録した写真集。
数量:

決定版 長崎原爆写真集(The Collection of Nagasaki Atomic bomb Photgraphs)

販売価格(税込): 2,700
初公開の写真をはじめ、412点が甦らせる当時の衝撃と阿鼻叫喚の惨状。
広島・長崎の原爆写真を後世に残そうと「反核・写真運動」が収集してきた原爆写真集。
数量:

原爆投下部隊(第509混成群団と原爆・パンプキン)

販売価格(税込): 3,024
原爆投下部隊第509混成軍団に注目し、その活動と、日本全土に投下された49発のパンプキンと、原爆を広島・長崎に投下するまでの様子を写真を中心に構成し紹介しています。
数量:

知ってください!あの日のことを(家庭の学校のためのミニ写真展)

販売価格(税込): 500
広島、長崎の被爆の惨状を、当時の写真と、生き残った被爆者たちが消せない記憶に基づいて描いた絵とで伝えています。
写真の中には数点のカラー写真もあります。
パンフレット形式のミニ写真集です。
数量:

写真が語る原爆投下(ヒロシマ・ナガサキをもたらした側の全記録)

販売価格(税込): 3,024
当時のマンハッタン計画関係者、米軍により撮影された写真を掲載し、マンハッタン計画から原爆投下までの歴史的事実を紹介した写真集。
数量:

昭和20(1945)年8月 長崎市地図

販売価格(税込): 540
昭和20年8月、長崎原爆投下以前の地図を再現するために、国土地理院大正13年発行の地図に加筆、修正、彩色を加えて制作したものです。
爆心地からの距離と地形による被爆の状況の違いが判別しやすく、米軍撮影による原爆投下以前の写真の主要建造物がわかりやすく、また当時の旧町名を採用しているため、被爆体験記を読む際の参考となります。
※A5サイズに折りたたんであります。
数量:

ティニアン・ファイルは語る(原爆投下暗号電文集)

販売価格(税込): 2,700
日本に原爆が投下された前後の米軍の前線司令部とワシントンの後方司令部との間のテレタイプによる交信の記録116編を収録しています。
併せて原爆投下部隊第509混成軍団やプロジェクトAの活動を示す写真も多数収録しています。
数量:

トランクの中の日本(米従軍カメラマンの非公式記録)

販売価格(税込): 2,700
ジョーオダネル氏が終戦直後の日本を撮影したネガは帰国後トランクに封印された。
1989年にトランクが開けられ、写真展が開催された。
米従軍カメラマンの非公式記録。
数量:

長崎被爆荒野(米国国立公文書館所蔵未公開写真)

販売価格(税込): 3,240
原爆投下直後に上陸した米軍が撮影した爆心地。
米国国立公文書館から持ち帰った2000点から厳選した初公開写真などで、被爆当時の市内、復興の様子を知ることができる。
数量:

ノーモアヒロシマ・ナガサキ(原爆写真)

販売価格(税込): 1,944
原爆被害の実相をわかりやすく伝えるために、原爆写真94点、絵画17点、詩6点ほかエッセイや写真キャプションも充実している。
日英2か国語表記。
数量:

広島・長崎 原子爆弾の記録(原爆の記録)

販売価格(税込): 9,720
1982年夏から秋にかけて、核兵器の廃絶と世界の恒久平和を訴えるため開催された「忘れまい、この惨禍-原爆展」(広島市、長崎市、朝日新聞社主催)をほぼ会場展示の順序によってまとめたものです。
多くの写真が核戦争の実態を私たちに訴え、語りかけてきます。
数量: