被爆体験講話

インターネットによる平和学習

国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館及び(公財)長崎平和推進協会の共同事業として、遠隔地の学校と長崎をインターネットによる会議システムにより接続し、被爆者から自らの被爆体験や原爆の悲惨な状況を語り、子どもたちと平和について意見を交わす平和学習(通称:ピースネット)を実施しております。このシステムにより、被爆者と遠隔地の生徒が現地に居ながらにして、お互いの表情や声を確認しながら、効果的に平和学習を行うことができます。 この機会にぜひ被爆者の生の証言を聞き、原爆のこと、平和のことを一緒に考えてみませんか?

お申込みは国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で受け付けております。

申込方法等の詳細は、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館ホームページ をご参照ください。

国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 ピースネット

 

お問い合わせ先

国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
〒852-8117 長崎市平野町7-8
TEL:095-814-0055 / FAX:095-814-0056 
E-mail:info@peace-nagasaki.go.jp

原子爆弾による被害の実相を広く国の内外に伝え、永く後代まで語り継ぐとともに、歴史に学んで、
核兵器のない恒久平和の世界を築くことを誓う。

公益財団法人 長崎平和推進協会

〒852-8117 長崎市平野町7番8号 Tel.095-844-9922 Fax.095-844-9961 E-mail info@peace-wing-n.or.jp
Copyright(C) 2007-2016 Nagasaki Foundation For the promotion of peace.