DVD(ビデオ)貸出

DVD(ビデオ)貸出の申込方法

申込方法

1.貸出は1回につき3本までとさせていただきます。
また、発送希望日の1か月前までにお申し込みください。

2.貸出には事前予約が必要です。当協会まで、お問い合わせください。
貸出状況を確認し、仮予約を受け付けます。

3.仮予約後、借用願をダウンロードし、必要事項を記入し学校長(代表者)の公印を押印のうえ、発送希望日の1か月前までに借用願の原本をご郵送ください。

使用料

無料
※ただし送料はご負担いただきます。ゆうパック着払いでお送りします。

貸出期間

10日以内
当協会の発送日から、当協会への到着日までを10日以内とさせていただきます。

注意事項

1.DVD(ビデオ)の取扱いには十分にお気を付けください。
万が一紛失、破損した場合は補修費等をご負担いただく場合があります。

2.旅行代理店等への発送はお断りしております。

貸出DVD(ビデオ)借用願[PDF]ダウンロード

貸出DVD(ビデオ)凡例

ナガサキの少年少女たち
(英語版有)
31分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
被爆50周年事業の一環として、長崎市民や修学旅行生等若い世代に、原爆被爆の実相や原爆による人間性の破壊等を訴えるため、被爆直後の実写フィルムや被爆者の証言等をもとに制作したもの。
原爆被爆に至る経過、原爆開発、被爆の惨状、復興、平和推進運動を主な柱として構成されている。ナレーションは奈良岡朋子さん。
にんげんをかえせ
20分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
10フィート映画運動で製作された3部作のうちの第1作。
米国から入手した被爆直後の状況を撮影したフィルムと、広島・長崎の被爆者の証言が収められている。ナレーションは大竹しのぶさん。
あの日-この校舎で
~五十年前に被爆した
ナガサキの記憶~
30分
高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
被爆直後、救護所となった新興善国民学校で、大勢の被爆者たちを看護した医療従事者や、惨状を体験した被爆者たちの証言をまとめた短編記録映画。被爆直後の映像や写真なども多く含まれている。
ヒロシマナガサキ
核戦争のもたらすもの
46分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
科学者たちの報告を集大成した「広島・長崎の原爆災害」に基づき、科学的な視点から、原子爆弾被爆の総合像を描いた記録映画。広島・長崎の被爆直後の様子の映像や、被爆者の証言も収められている。
長崎の記憶 幻の原爆
フィルムで歩く長崎~
37分
高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
日本映画社スタッフが撮影した原爆投下から2ヶ月後の長崎の映像をもとに、NBC長崎放送が放送した番組を再編集したもの。
浦上天主堂、爆心地など、10のテーマで構成され、現在の被爆遺構の姿の他、被爆者の証言も盛り込まれている。
広島・長崎における
原子爆弾の影響[完全版]
(字幕有)
164分
一般向き

内容はコチラ >>
被爆直後の1945年から撮影を開始し1946年の撮影・製作完了後、米軍に没収された「幻の映画」と呼ばれた作品が、65年の歳月を経て誕生した。医療・物理・生物編からなる広島編(81分)、長崎編(83分)の英語ナレーション、日本語字幕の原爆映画。
二重被爆
70分
高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
広島と長崎、2つの都市に落とされた原爆。その両方を体験した「二重被爆者」は、戦後61年間、聞き取り調査すら行われなかった。二重被爆者の証言をまとめた1本。語り・音楽は加藤登紀子さん。
ヒロシマナガサキ
WHITE LIGHT/
BLACK RAIN
(字幕有)
86分
高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
広島・長崎の14人の被爆者と、原爆投下に関与したアメリカ人4人の証言を軸に、ヒロシマ・ナガサキの真実を描いた1本。日系3世であるスティーブン・オカザキ監督が25年の歳月をかけて完成させた渾身のドキュメンタリー映画。
つたえてくださいあしたへ… ~福岡県在住者の被爆体験証言~
17分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
長崎で被爆した西山進さん、三根繁さんの2名の証言映像をまとめた作品。原爆についての解説も含まれている。     
被爆を語る
被爆証言映像
各約30分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
被爆者の悲惨な体験と、今日までの生活等を収めた証言映像。日本人の証言だけでなく、外国人被爆者の証言も撮影されている。個人別の他、3~4人の証言をまとめたダイジェスト版7本、英語版3本も有り。
被爆を語る(被爆証言映像)証言者リスト.pdf
永井博士の思い出
14分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
「長崎の鐘」や「この子を残して」の著者・永井隆博士の病床での様子などの他、長崎の復興の様子も収められている。特典映像として、「日本ニュース九州版 第1号」も同時収録。
かよこ桜の咲く日
60分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
アウシュビッツの悲劇を知って長崎を訪れたポーランドの女子大生が、原爆でわが子を失った母親と出会う。二人が心を通わせる様子を収めたドキュメント。
予言
42分
一般向き

内容はコチラ >>
10フィート映画運動の第2作。被爆直後の広島・長崎で撮影された被爆者の様子と、核開発や核実験を繰り返す核狂乱時代の様子が収められている。長崎で被爆した谷口稜曄さん出演。
歴史
116分
一般向き

内容はコチラ >>
10フィート映画運動の第3作。原爆製造マンハッタン計画、第二次世界大戦からベトナム戦争、核ミサイル配備の実態の他、世界のヒバクシャの苦しみ、怒り、行動も収められている。長崎で被爆した山口仙二さん出演。
8月9日 長崎
10分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
若い世代への被爆体験の継承を目的に、被爆35周年事業で長崎市と県が共同で製作したもの。
8月9日の長崎の様子を、アニメーションで再現している。
ながさきの子うま
27分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
長崎に落とされた原爆で奪われたたくさんの命。その中にはたくさんの動物もいた。かわいい子うまを主人公に、「長崎を最後の被爆地に」との誓いと願いを込めて作られた作品。
つるにのって
(字幕有)
30分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
夏休みのある日、広島の原爆資料館を訪れた小学6年生のとも子は、平和公園で不思議な少女・サダコと出会う。そしてサダコの案内で、とも子の不思議な冒険が始まる。
おこりじぞう
28分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
広島に落とされた原爆で、6歳のひろちゃんは大やけどを負う。水を欲しいと、お地蔵様にすがるひろちゃんの様子に、お地蔵様の顔が変化して…。絵本「おこりじぞう」のもとに作成された人形アニメーション。
悪魔の火球
3分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
長崎に原爆を投下した「ボックスカー」は、観測機と編隊を組んでいた。その観測機から、実際に投下された原爆の炸裂の瞬間を撮影した実写フィルム。
見上げれば、ひまわり
30分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
原爆によって倒壊した建物の梁の下敷きとなって脊髄を骨折し、車いす生活となった渡辺千恵子さん。被爆直後の人間不信、虚無の泥沼から、人間連帯の道へと変わっていった人生を描いた1本。
手よ語れ
30分
高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
ピカッと光るのは見えても、ドンと鳴った音は聞こえなかった聴覚障碍者の体験をまとめた1本。証言は手話で語られ、通訳字幕付き。
夏服の少女たち
30分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
1945年、あこがれの広島県立第一高等学校に入学した1年生たちは、物資不足で制服が手に入らなかった。母親たちの古着をほどいて夏用の制服を縫い、ようやく完成した喜びもつかの間、8月6日を迎える。ボロボロに燃えた少女の夏服を形見として守り続ける年老いた母親たちの記録映像も同時収録。
はだしのゲン(1)・(2)
各85分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
一瞬にして原爆焦土となった広島で、たくましく生きる少年ゲンの物語。原作は中沢啓治さんの同名漫画。
1巻では戦争中の中沢家の人々の生活から原爆で家族を亡くすところまでを、2巻では小学4年生となったゲンを中心に原爆孤児たちが明るく生きていく姿が描かれている。
核兵器のない地球を
この街その海あの大地
55分
低学年向き高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
広島・長崎の原爆被爆地と、マーシャル・アメリカ・カザフスタンと核実験被害地を同時に訪れて映像でとらえた、世界最初のドキュメントビデオ。
核戦争後の地球
第1部 地球炎上
28分
高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
全面核戦争から1週間後の地球の惨状を描く。これまでの核実験実写フィルムや、特撮を駆使して、世界の主要都市に1メガトンの核が落ちたらどうなるかを科学的データにもとづいて想定し、核の破壊力を映像化した1本。
核戦争後の地球
第2部 地球凍結
28分
高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
核戦争から約100年後まで影響する地球の環境変化を描く。死の灰が全世界に拡散し、長期的な影響を及ぼすとともに、核の冬に襲われる。アメリカの博士が予想したデータが、想像の地球を不気味に覆っていく。
増大する放射能
9分
高学年向き一般向き

内容はコチラ >>
動物を使った中性子爆弾の核実験フィルムを通して、中性子爆弾の恐るべき性能を訴えた作品。
原子爆弾による被害の実相を広く国の内外に伝え、永く後代まで語り継ぐとともに、歴史に学んで、
核兵器のない恒久平和の世界を築くことを誓う。

公益財団法人 長崎平和推進協会

〒852-8117 長崎市平野町7番8号 Tel.095-844-9922 Fax.095-844-9961 E-mail info@peace-wing-n.or.jp
Copyright(C) 2007-2016 Nagasaki Foundation For the promotion of peace.