平和推進協会について

ごあいさつ

長崎平和推進協会は、原爆の悲惨さを後世に伝え、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現を目指すために、広く市民が参加した官民一体の任意団体として、1983年(昭和58年)2月に設立されました。

翌1984年(昭和59年)4月、永続性のある平和推進体制を築くために財団法人となり、2011年(平成23年)4月、公益性の高い事業を行う公益財団法人の認定を受けて、現在に至っています。

この間、修学旅行生等を対象とした被爆体験講話者による平和学習、平和案内人などのボランティアの育成と活動支援、日本とアジアの国々の若者との平和交流、講演会や平和イベント等の実施、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館の管理・事業運営など、様々な平和に関する事業に取り組んでいます。

核兵器を巡る世界の情勢は、核兵器廃絶へ向けた気運が少しずつ高まっているものの大きな進展は見られないまま推移しており、唯一の被爆国の市民として、「核兵器廃絶と世界恒久平和の実現を訴え続けていかなければならない。」との気持ちを強くしています。

被爆者の高齢化が進む中、一日でも早く世界中から核兵器が無くなるよう努力してまいる所存でありますので、当協会の活動にご理解をいただき、今後ともご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

理事長:横瀬昭幸

平和推進協会はどんな団体ですか?

被爆地長崎の願いである「核兵器廃絶と世界恒久平和の実現」を目指して、会員や市民の皆様のご協力のもとに活動している公益財団法人です。

初代理事長の故・秋月辰一郎氏の「官民一体となって核兵器廃絶と平和を推進するために、小異を残して大同に集まる。」という理念のもと、核兵器廃絶という共通認識で結集して平和推進活動を行うことを基本としています。

1983年(昭和58年)2月に任意団体で発足し、翌1984年(昭和59年)4月に財団法人として体制を強化し、2011年(平成23年)4月に公益財団法人へ移行して様々な平和推進事業を行っています。

組織図

平和推進協会はどんな活動をしていますか?

平和推進協会は、会員の皆様とともに次のような事業を進めています。

平和推進事業(公益目的事業)

1.発刊事業

(1)会報「へいわ」の発行

協会の事業活動をはじめ、平和に関する動きをとらえ、会員に情報を提供するとともに、会員相互の連携を図ります。

(2)ブックレット「平和のあゆみ」発行

協会の年間を通じた平和意識高揚のための取り組み、活動状況、事業実施状況等をまとめたものです。

(3)広報活動

情報BOX・会員勧誘リーフレット作成、インターネットの活用等により、協会活動の周知を図ります。

2.啓発事業

(1)平和学習の実施

被爆体験の実相を伝えるため、修学旅行生や市内の小・中学生などに被爆体験講話を実施します。また、平和学習用のDVD(ビデオ)・写真パネルの貸出しも行います。

(2)ピースネットの実施

地理的理由により来崎が難しい遠隔地の児童・生徒・海外の人たちを対象にインターネット会議システムを用いて被爆体験講話を実施します。

(3)講演会等の開催

平和問題への認識を深めるため、核兵器や平和・軍縮問題の専門家などを招き、講演会を開催します。

(4)国連軍縮週間行事

国連平和と文化の国際年を記念した国連軍縮週間(10/24~10/30)に「市民のつどい」を実施し、若い人たちが参加しやすい催しなどを行います。

3.調査研究事業

平和・軍縮関係の会議やシンポジウムなどに出席し、情報収集や関係機関との交流を図ります。

4.育成事業

(1)部会活動

会員が市民とともに、平和意識の高揚を図るための活動を行います。
(継承部会、写真資料調査部会、国際交流部会、音楽部会)
また、部会員の連携を図るため、これらの部会活動で活動発表の場をつくります。

(2)アジア青年平和交流事業

日本の若者とアジア諸国の若者が、お互いの国の文化・歴史を学び、意見交換や交流を通して、相互理解を促進し平和意識の向上を図ります。

(3)平和事業への支援

協会の活動趣旨と一致する音楽会や講演会、シンポジウム及び外国人弁論大会などの活動を助成し、平和事業を推進します。

(4)秋月グラント

被爆体験の継承や平和意識高揚のための事業を実施する団体等へ助成します。
なお制度の名称は、協会設立20周年を踏まえ、設立に多大なる貢献をした初代理事長の秋月辰一郎氏の名を冠したものです。

(5)平和案内人の派遣事業

平和案内人を、主に観光客を対象とした、原爆資料館・追悼平和祈念館や碑めぐりの案内ガイドとして派遣します。

(6)平和案内人の育成

高齢化している被爆者の被爆体験を継承し、原爆資料館・追悼平和祈念館や被爆建造物のガイドができる平和案内人を育成することにより、地元長崎の人たちや修学旅行生の原爆・平和に対する理解を深め、被爆の実相を広く後世へ伝えます。

長崎原爆資料館 運営事業(公益目的事業)

長崎原爆資料館 原爆・平和総合案内業務

長崎原爆資料館 図書資料収集整理事業(公益目的事業)

長崎原爆資料館 図書資料整理業務

国立長崎原爆資死没者追悼平和祈念館 運営事業(公益目的事業)

被ばく医療協力事業、平和協力交流事業、原爆死没者氏名・写真(遺影)の収集・登録事業、被爆体験記の収集及び活用、被爆証言音声及び映像の収集及び保存を行います。

図書販売事業(収益事業)

原爆・平和に関する図書や平和意識啓発普及のための物品などの販売を長崎原爆資料館の図書販売コーナーで行います。
販売利益については、平和推進事業に繰り入れて財源の一部とします。

部会の紹介

会員の自主的活動と親睦を図るため、部会を設けています。
現在次の4部会が、それぞれの分野で平和意識の啓発のため活発な活動を行っています。

継承部会

原爆の恐ろしい体験、廃墟と化した長崎の悲惨な状況などを「被爆体験講話」として話しています。

継承部会

国際交流部会

外国語ボランティアとしての活動をはじめ、市内在住の外国人も交えた講演会などを実施しています。

国際交流部会

写真資料調査部会

被災写真の収集・整理、原爆写真展の開催及び平和関連資料の収集と調査を行っています。

写真資料調査部会

写真資料調査部会所有の写真を使用したい方はこちらの申請書をご利用ください。

■写真資料等使用許可申請書[PDF]

音楽部会

音楽を通じて平和を訴えることを目的として、軍縮週間の平和コンサートなどを行なっています。

音楽部会

 

寄附金募集

長崎平和推進協会では平和関連事業に取り組んでいくために、広く皆様からの寄附金を募集しています。
平和推進のため、皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

詳しくは、寄附金等取扱規程をご覧下さい。

※公益財団法人は特定公益増進法人に該当するため、寄附者は所得税や法人税の寄附金控除を受けることができます。

▼ご寄附の方法

【銀行振込】
口座番号/十八銀行 浦上支店 普通預金 0515115
親和銀行 平和町支店 普通預金 0217568
ゆうちょ銀行 七六八店 普通預金 2716872
口座名義/公益財団法人 長崎平和推進協会
理事長 横瀬 昭幸(ヨコセ テルユキ)
電話番号/095-844-9922

【郵便振替】
座番号/01830-5-4286
口座名義/公益財団法人 長崎平和推進協会

【現金書留】
送付先/ 〒852-8117 長崎市平野町7-8 ℡095-844-9922
公益財団法人 長崎平和推進協会

【ご持参】
場所/ 長崎市平和会館2階 長崎平和推進協会事務局
(平和体験学習スペースサポートスタッフ事務部門)

【問合せ先】
(公財)長崎平和推進協会 〒852-8117 長崎市平野町7-8
TEL:095-844-9922 / FAX:095-844-9961
E-mail:info@peace-wing-n.or.jp

▼寄附金控除について

当協会は特定公益増進法人に該当するため、寄付者は寄附金控除を受けることができます。
確定申告時に当協会から発行される寄付金領収書等を添付すれば、下記の所得税及び法人 税の優遇を受けられます。

さらに、当協会は長崎県より「税額控除」適用団体の証明を受けておりますので、平成24 年1
月以降にご寄付・納付いただいた個人の方からの寄付金及び会費については「税額控除」ま
たは「所得控除」のいずれか有利な方式を選択し、控除を受けることができます。

【個人によるご寄付】及び【個人の賛助会費・維持会費】

◎税額控除:次の算式で計算した金額が「税額控除」として所得から控除されます。
( 寄付金合計額 - 2,000 円 ) ×40% = 税額控除額

◎寄付金控除(所得控除):次の算式で計算した金額が「所得控除」として所得控除額に算入
されます。
寄付金合計額 - 2,000 円 = 所得控除額

≪詳しくはこちら≫
≪「税額控除に係る証明書」≫

【法人によるご寄附】

一般の寄附金とは別枠として、損金算入限度額に相当する金額まで損金に算入することがで
きます。
損金算入限度額={( 資本等の金額× 当期の月数/ 12×2.5/1000)+( 所得の金額×
5/100)}×1/2
※資本等の金額とは、資本の金額と資本積立金額の合計額です。住民税のおける寄附金控除
は、各都道府県および市町村の条例で指定されている場合のみ適用されますので、お住まい
の都道府県および市町村にお問い合わせください。

原子爆弾による被害の実相を広く国の内外に伝え、永く後代まで語り継ぐとともに、歴史に学んで、
核兵器のない恒久平和の世界を築くことを誓う。

公益財団法人 長崎平和推進協会

〒852-8117 長崎市平野町7番8号 Tel.095-844-9922 Fax.095-844-9961 E-mail info@peace-wing-n.or.jp
Copyright(C) 2007-2016 Nagasaki Foundation For the promotion of peace.